Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

イボくん。

ほっ♪

雨の土曜日。
せっかくにいちゃんが帰ってきてるけど
どこにも出かけられないねぇ...
2わんもふて腐れて寝ちゃったよ。

そんな「ちぇっ...」なムードたっぷりの我が家に嬉しい知らせ♪
病院から連絡があってモルトのイボは良性の腫瘍だったとのこと。
大丈夫だろうと思ってはいても
やっぱり気になって気になって...(笑) あぁ ほっとした♪

今まで肌にトラブルなんてなかったもっちゃんが
イボの前に膿皮症になったし
先生が珍しく積極的に急いで処置をしましょうと仰った。

マイボーム腺腫の手術をしたわんこの中には
病理検査は必要ないと、しなかった子もけっこういたの。
それをみて「しないと言われても絶対にお願いするわっ!」
と鼻息荒く出かけたらあっさり「念のため検査に出そうね」と...

それだけでもじゅうぶん不安な感じなのに
じきに出るでしょうってことだった、病理検査の結果がちっとも。
やだなやだなぁと思ってるとね、
術後1週間くらいからやたらと我が家の電話が鳴るの。

間違いとか、勧誘だったりなんだけど。
あとうち的にはどぉでもいいような聞き合わせの電話とか。
「知りません」って言ってるのに何度もかけてきて、もぉ〜
日中、電話がかかってくることなんてほとんどない我が家。
鳴るたびいちいち「病院から〜?」と緊張してしまう。

で、そのうち「こんなに結果が遅いなんて変じゃない?」から
「本当は届いてるのにモルチだけでは
受け止められないようなものなんじゃ...」と想像はふくらみ。
週末「ご主人と一緒に来てくださいね♪」
って言われたらどうしよぉ。嫌ぁ〜!とにいちゃんを困らせる。
もうね、想像力の翼がはためいちゃって大変(笑)

午後、買い物のついでにお医者へ寄って
にいちゃんと院長先生に詳しいお話伺ってきたよ。
土砂降りの半端な時間で他に患者さんもいなくて
ゆっくりお話&質問責め(笑)ができて良かったわ♪

”〜〜〜 腫瘍細胞の核には分裂像が散見されますが
核異型性は低いです。 
病巣周辺には軽度に浸潤傾向が見られますが
マージンは確保されています。
良性の腫瘍ですので切除後は概ね良好と思われます”
検査結果報告書にはこのようなことが。

ぶ、分裂像? 分裂しちゃって平気なものなの?
核異型性ってなんでしょう?
浸潤? それって大丈夫なことなんですか〜?!
マージンって...? 
あぁすみません。もしかして私、あやしい人ですか?(涙) 

でも院長先生、時には絵を描いて
丁寧にわかりやすく説明して下さったよ。
それでやっと安心した〜♪
本当はね”概ね”良好って言い回しも気になったんだけど...
そういうものなのかなぁ?
今度、爪切りの時にでも違う先生に聞いてみよっと(笑)

胃腸を休める日にしようか、なんて話してたのが
急きょお祝いの宴に変更!
ちょっといいお寿司と美味しいお酒で幸せな夜でしたぁ。

あ、2人がかりでやたらとベタベタされる
もっちゃんはすんごく迷惑そうだったし、
こむぎちゃんはハウスにこもって呼んでも出てこなかったわ(爆)
なにはともあれ良かった良かった〜
  • 2007.10.27 Saturday
  • 16:05

イボくん。

18〜20日  (動画)

18日。
朝、湿らせたコットンで目の周りを拭いてみた。
近くでよぉく見るとタックが寄った感じだけど
傷口、目立たないね。

痛みもあんまりないんだろうか...?
目やにが出たりすると手でちょいちょいするけど
それほど気にしてないみたいで良かった。



でもトイレに行く前はやっぱりいつものように
派手に顔をサークルにこすり付けるから怖いよぉ。
もっちゃん、今日一日だけでもエリザベスで我慢してね。

ただエリカラしてると入り口でつかえてしまって
トイレに行けないの。
それでもチャレンジしようとするもっちゃん。
しばらくは「ごんごん」って当たる音がトイレの合図だわ...


朝、挨拶だけでもと思ってこむぎと会わせたらね。
激しいプロレスごっこがはじまってしまって大慌て。
ひぃ〜 怖いよぉ。 やめてちょうだい!
せっかく溶ける糸で縫ってもらったのに、傷口が開いちゃったら大変。
元気が出たのは嬉しいけど、しばらくは一緒はダメだ〜


つまらないし寒いしでお嬢さん、一日毛布に包まって寝てた。
こむぎちゃんご協力感謝です!



2わんが寝てる間、モルチはキッチンでごそごそ。
この前「どれがいいかね〜?」ドライトマトにするのに
プチトマトをにいちゃんに選んでもらったんだけど
「でもこれ、わしの口に入るのかな?」って。

そ、そうよね。この量だと2週間はもたない。
きっと食べ切ってしまうと思う...そんな話をしたの。
じゃあちゃんとわかるようにしておきましょう。
目印のシール貼って2Fの冷蔵庫にしまっておけばOK♪よねっ。

キャラメルりんごジャムも煮はじめたよぉ。


今朝から食事も普段の量に。夜、いいうんが出た♪



19日。
ちょっと甘えっこモードなの以外は
すっかりいつものもっちゃんに戻った感じがするよ。

少しくらいなら平気?と買い物に出たら
モルトのベッドにちっち済みビリビリシーツ。
へぇ もうイタズラできるくらい元気なの。そりゃ良かった!(怒)
ねえちゃん、君たちのご飯を買いに行ったのにぃ。

午後、交換してもらったムーンカラーが届いたよ。
だんだん普通に動きまわるようになったから
小さいカラーのが楽かもね、お互いに(笑)
ただこれもトイレの入り口につかえてしまうのが残念...



20日。
一日経ってこっちのカラーにも慣れた様子。
いつものように窓の外を眺めて〜




日向ぼっこ。



エリカラは固まるどころか
つけた途端ガタガタ震えだしてしまったこむぎさん。
スナップの「ぱちぱち」って音が怖いのかもしれないけど
慣れる前にお腹をこわしてしまいそうな感じだった。

ムーンカラーの方はまぁ大丈夫。


決して嬉しそうではないけど(笑)


さっそく今日のお手入れから使ってみたよ。
乾くまで少しの間、なめないでくれればね。
ぽかぽかで気持ちよかったのか途中でうとうと...


モルトもこむぎもつけたままお水もご飯も大丈夫。
プロレスごっこには向かないけど(笑)
固まらずに動けて、そのまま寝られる。便利ね。


心配して下さったみなさんありがとうございます。
おかげさまでもっちゃんはすっかり元気で、いつもの困ったさんです(笑)
抜糸の必要がないのであとは傷口がきれいにつけば...
にいちゃんも安心してね。

17日お医者へ行く前、手術の次の朝の2わん。
そして今日の様子の動画は→こちらから〜
  • 2007.10.18 Thursday
  • 17:06

イボくん。

ばいばいイボくん。

やっぱり眠れなかったけど
その分、時々もっちゃんにトイレさせられたし〜
前向きに前向きに...っと(笑)

最後に麻酔をかけたのいつだっけ?
左足の手術の時かしら。4年ぶりくらい?
麻酔も日々進歩してて、嘔吐の心配それほどしなくてもいいそう。

当日の朝は絶食だけどお水は大丈夫。
がぶ飲みはダメでも、喉が渇いてるようなら
無理に我慢させなくてもいいですよって。
モルトお水飲みだからねぇ、助かった。

10時頃までにお医者へ行けばいいので、いつも通りの朝〜
まずモルチと闘って...


こむぎとも朝のガウガウごっこ(笑)


ここで問題、ちっちはするけどうんが出ない。困った〜
動けば出ると思ったんだけど
ガウガウごっこがヒートアップするっきりで
うんの神様がちっともおりてこない。
もっちゃん、うんしてってばぁ。
出ないはずないんだから〜 もぉお願いよ...

自分のうんで汚れるのが全く!苦でないもっちゃん。
しかも誰も見てなければ躊躇なくお口に。
せっかく絶食したのに術前に食糞の前科ありだもの。
なにが何でもしてもらわなくちゃ。

時間がどんどんせまってきて焦るモルチ、そして楽しげな2わん(笑)
もうダメか、先生ごめんなさい...
諦めかけた頃やっと♪でセーフ。ふぅあぶなかった。

でもさぁ行くよ〜って言ってるのに
すっかりテンションがあがってしまって
「もっとこむぎちゃんとプロレスするんだぁ!」
と、ごねるごねる。
しんみりしちゃうよりいいのかもしれないけど、遅刻する〜


今朝のイボくん。ずいぶん大きくなったなぁ。
最初「ん?」と思った時は本当に小さなぽっちだったのに。


はい行きますよ。もっちゃん頑張ってね。
「あれ洋服は?」本犬はきょとんとしてた。



急いで出かけたけど結局、お医者についたのは10時少し過ぎ。
先生はもう用意して待ってて下さったよ。
で「モルトくん気が弱いからねぇ、最短入院でやりましょう」と。
これから麻酔をかけて手術をはじめて...
お迎えは11時半頃といったらいいと思いますって。

まだ多少、ぼんやりしてるかもしれないけど
ちょっとでも早くお家に帰ったほうが
モルトくん、モルチさんにとって安心だと思うのでと。
もちろんそうしてもらったよ。

「麻酔の準備手伝ってね。抱っこしてて下さい」
そうね、いつもはもう少し早くに預けておくけど
今、モルチが出てくとこ見ちゃうときっと「うぉ〜ん!」だ。
言われるままもっちゃんを抱っこ。

いつも診察後に立ち話をするような感じで
さりげなくまず静脈にカテーテル、続いて鎮静剤の注射。
「そろそろかな?」先生が言ったあと
すぐにかくっとモルトの身体の力が抜けた。えっ?

さっきまで先生が持ってくる注射器なんかを
「それなぁに〜?」と興味津々でチェックしたり
「ねえちゃんにチュ〜だぁ♪」とモルチの顔をなめたり。
「もっちゃん頑張っておいでね」って言うと
「ん〜?」ってこっちをのぞきこんだりしてたのに。

もちろん麻酔だから効かなきゃ困るんだけど
名前を呼んでも反応がなくなって
モルチの腕の中でぐったり動かない姿をみると
なんだかたまらなくなってしまった。

「ではお預かりします。
このあと吸入の麻酔をしながらイボをとりますね」
もっちゃんは先生に抱っこされて手術室へ。
モルチはリードとハーフチョークだけ持ってぼんやり...


帰りにその足でこむぎと公園へ。
もっちゃんが乗ってないと車の中、静かだよぉ(涙)

あれ、モルトは〜?








家に帰ったらお嬢さんのご飯&トイレタイム。
スーパーで今夜のわん達のお肉を買ったら
もう病院へ行く時間! 1時間半なんてあっという間〜 
お迎えは夕方と思ってたからバタバタしちゃったけど
かえってそのほうが良かったかも。


少し遅刻してお医者へ着くと
奥からトコトコモルトが歩いてきた。
尻尾が下がっててちょっとビクビク、挙動不審...
支払いをしてる間、ずっとドアの前で座ってたよ。

いつもは駐車場まで「うぉ〜ん!」が聞こえてるし
尻尾ぶんぶんでモルチに抱きついてくるのに。
まだぼんやりしてて不安なんだろうね、とにかく早く帰りたいの一点張り。
モルトがお医者から「帰る!」って主張したの初めてだなぁ。
ん、もっちゃん早くお家に帰ろ。


ただいまぁ...


傷は思ったより小さくすんで一針縫っただけ。
腫れもひきつれもほとんどわからないね。
でも流れた血の跡が痛々しい。



お水も飲まずにベッドに直行。
もっちゃんお疲れさま。



最初は時々「う〜ん」とか「ぴぃ...」って
モルチを呼んでたけどそのうち本格的に寝てしまう。
そのあとは目を覚ますたびしっかりしてきて
お水飲んだり、トイレに行くようになってきて、ほっ。

でも元気が出てくるにつれて目を気にしだす。
がびがびが気になるんだろうけどね、
そっとでもまだ拭くのも怖いし、カラーをつけることに。
特に嫌がることもなくまた寝ちゃったよ。


夜になるともうタオルで遊ぼうとするほどに。
なんか音がする〜とのぞくと
もっちゃんがタオルを引き寄せようと頑張ってた。

透明のカラーの下にあるタオル、
どうしてとれないのか不思議だったんだろうね。
のせてあげるとちょっとかみかみしてたよ。
量は少なめだったけど晩ご飯も美味しそうに完食。良かった♪



たった一針のためにでも全身麻酔。
もうイボ、できないで欲しいよ...


 ☆メモ☆ 
       手術   20000
      病理検査 10000   計¥31500
      
      <パセトシン(抗生剤) 5日分>  

  • 2007.10.17 Wednesday
  • 14:03

イボくん。

秋ね〜

今朝の最低気温7.4℃。寒っ!
さすがに朝まできっちりお布団きて寝てたわ。
日中も20℃切る日があったりして、信州にもやっと秋が。
2わんの敷物も薄い毛布にチェンジしたよ。

乾きづらくなってきたからお手入れも窓際で。


放心状態...?
もっちゃん、ぽかぽかで気持ちいいね〜




午後の診察でお医者へ。
爪切り&肛門腺絞りとモルトのイボ、診てもらおうと思って。

女医さんがいらっしゃらなくて院長先生の診察。
イボくん、来週の水曜日に切除することになりました。

いつもは何ごとも「もう少し先でも、ね... 」
とおっしゃる先生が切りましょうと。
モルチも近いうちにと思っていたからね
一番早い予約で切っていただくようにお願いしたよ。

急に大きくなってきて、もう目に当たってるし。
この先小さくなるようなものでないのならとってしまったほうが。

朝預けて、夕方迎えにいけるそう。
V字にわりと大きく切るので縫い合わせた傷をみて
腫れもあるし、最初は「あぁ...」と思うかもしれないけど
徐々に目立たなくなりますよって。

見ためはともかく、傷に手が届くのが怖いね。
先生は「要らないよぉ」と仰るけど
モルチがたまらないから(笑)カラー注文したよ。

元々来月買うつもりだったの。
(今月はサプリ&おやつ費に余裕がなく...笑)
お手入れ、両方だと乾くまで舐めさせないのは大変!
それにモルトにまたイボができるかも。
この先何かと使うこともあるだろうしね、前倒しでぽちっ。
あとは帳簿操作でつじつまを合わせてと(笑)


爪切りをお願いしようとすると、今度にしましょうって。
「モルトくん、いつも大騒ぎだから(笑)
麻酔かけてる時に思い切って短くしたら?」と。

血管が伸びてしまってて
少しずつしか切れない上に毎回騒ぐからねぇ...
歯石は取るほどついてないそうなので
一緒に爪切りだけしてもらうことにしたよ。


こむぎは爪切り&肛門腺しぼり。
爪、少し短くしてみる?とチャレンジしてもらったら
けっこうな出血、お嬢も「あにゃ〜」
お医者嫌いになっても困るので無理のない程度でおしまいに。



帰りに公園に寄り道。
ちょっとイボを診てもらっただけで
すぐ車に戻されて欲求不満のもっちゃん、弾けてたよぉ。
今日はボーボとも遊べなかったしね。




少し走ったらまた出血〜のこむぎちゃんは
モルチと一緒に気が済むまで広場をウロウロ。
お嬢さんは走りだすチャンス
ずっとうかがってたけど、ねえちゃんの勝ち〜(笑)
思いっきりかけっこはまた今度!




  • 2007.10.10 Wednesday
  • 18:13

イボくん。

ホットパック。

またしても今日のイボくん。
どんどん大きくなって少し血がにじんだり、目やにが増えてきた。


見つけてから一月も経たないうちに
こんなに大きくなってしまってただ今、直径5ミリ強。
週明けお医者に行くから診てもらいましょう。



マイボーム腺のつまりに
ホットパックが良いそうなのでやってみてるの。
出来てしまった腫瘍は仕方がないけれど
せめて他の部分のマイボーム腺が炎症起こしませんように...


これ、ぽかぽかと温かくて気持ち良いみたいだよ。
あっという間にもっちゃんのイビキが(笑)



羨ましそうに見てたからこむぎちゃんにも〜


こちらも同じくすぐに、ぐぅ...(笑)


ぺったんこになったお嬢の湿疹。
何日か前に上の白い部分がぺろっとはがれて
そのままどこが患部だかわからなくなってしまった。
不思議だけど、完治♪ということで...


イボ、きっと少しずつ大きくなるものなんだろう
とは思っていたけれどここまで急だとは。
切除はまだ先のこと、ではないのかもしれないね。

いろんな伝説を生んできた犬+なにかのもっちゃん。
みんなとは一味も二味も違うような〜
そんなモルトのことだもの、ある朝起きたら
「あら不思議っ イボはどこ〜?」だったりしないかしら?
...しないよねぇ(笑)

☆求む!☆ 安全&確実なわんこ用イボころり。価格応相談。
って広告出す〜?などと思ってしまう今日この頃(笑)
  • 2007.10.05 Friday
  • 01:15

イボくん。

休息日

雨だし、週末の疲れで寝てばかりのわん達。
クールダウン&お手入れの日にしましょう。

イボくん、週末はもっとぱんぱんに張ってて
もう少し大きかったような... 
でも写真を撮りそびれてしまったので、今朝の写真を。

少し縮んだ?と思ってよく見ると破裂しそう。
コットンに赤茶のものが少しつく。


つぶれたからって治るものでもないけれど
やっぱり邪魔になってきたみたいでね。
モルトも気にしてこすってしまうから
いっそ一度しぼんじゃってくれたほうが良いかも。

でもつぶれたらつぶれたで
「化膿したらやだな...」とか思うんだろうなぁ。
うん、きっと思う(笑)


ついでに膿皮症その後も...
皮膚はきれいになって新しい湿疹も出てないよ。
跡もほぼわからなくなりました。

内股。




ひじ。



注文してあったサプリが届いたので
今日からさっそく使ってみることに。

腫瘍にいいとか、いやそうでない...
といろんな説があるようだけど
サメ軟骨、皮膚や関節には効果がありそうなので
2わん一緒に使えば良いかなと
いつものにプラスして頼んでみたよ〜


最初は大はりきりのもっちゃんだけど


お手入れが済む頃にはぐぅ...



さてお嬢さんのカイカイのことも少し。
今年はだいぶいいけど、場所をかえつつ痒みがでてる。
ここ1週間ほどちょっとひどいかな?

左のまぶた。
毎年夏以降こんな風になってしまうのだけど
今頃になってハゲてきたよ。
今年はセーフかと思ったのになぁ。


左の手首(?) 腕の下の方。
ここも春、秋に痒くなるいつもの場所。
夏場はきれいだったのに、また最近がじがじしてる。


お腹。
不思議なんだけど境目に沿って
白いのとこ、次は黒いとこって痒いみたい。
少し前は胸側の白い毛の部分が
今はそっちは良くなって、黒いとこがカイカイ。
お腹の縫い目がむずむず、なんてことはないだろうに...(笑)


久しぶりに掻きこわしてしてキズに。


この辺りでは花粉が飛ぶの10月半ばまで。
乾燥する冬場も痒いことは痒いのだけど
それほどひどくならないからね。もう一踏ん張り〜



スイカの話をしてたらジューサーの存在を思い出した!
そうよそうよ、2わんのジュースに使えば〜
今日はにんじん、梨、庭で採れたアルプス乙女で。


りんごの皮がちょっと気になるけど
モルチが飲んでもなかなかだったよぉ♪



☆メモ☆ 夜、フィラリアのお薬。
  • 2007.10.01 Monday
  • 19:40

イボくん。

今日のイボくん。

やっぱり日に日に大きくなる感じ。
今、大きさは4ミリほど。
もっとぺったんこだったのに
高さが出てぷくっとふくらんできたよ。

21日。




25日。




本犬もたま〜に気になる様子で手でさわってる。
トイレの前にサークルに顔と身体をこするんだけど
右側だから心配...
とにかくさわらないでそっとしておきたいんだけどなぁ。

左の脇の下に大き目の湿疹ひとつ。
今度のは膿皮症とは違うといいのだけれど。



こむぎの腕のしっしん(?)はあのままぺったんこに。
見た目もそのまま。上が白いままでしぼんだだけ。
中味はどこへいっちゃったの? 

今までできたことのない変な感じ湿疹だったから
中が知りたかったかも...
散っただけならまたできるのかな〜? 
それともやっぱりただの湿疹?

21日。



夕方、2わんのちゃんぷ〜したよ。
 
  • 2007.09.25 Tuesday
  • 13:50

イボくん。

マイボーム腺腫。

まずは膿皮症のこと。
ぱっと広がってしまった後では
長引くこともあると聞いたけれどモルトには抗生物質、劇的に効きました。

飲み始めて1日半ですっと炎症がおさまり、湿疹はぺったんこに。
「もうお薬要らないんじゃ...?」と思ったけど
中途半端でやめないこと!
治ったように見えても10日間飲みきりましょう。
と言われてたから、良い子で言いつけ守ったわ(笑)

フィラリアの薬以外の飲むことがほとんどないもっちゃん。
抗生物質だって手術のあと(去勢と膝が2回、ケガ1回)くらいしか...
そのせいもあるのかな? びっくりするほどの効きめ。
逆にそれが怖い気もするのだけれど。

とにかく身体の炎症はおさまって
大きな湿疹のあと以外は徐々に目立たなくなってきた。
原因がはっきりしないまま薬で抑えただけなので
きれたらまたすぐにポツポツできるのかな〜?
ちょっと心配だったのだけど、薬を飲みきって2日。大丈夫そう♪
他に気がかりなこともあるし
膿皮症の方も念のため診察してもらいましょうと午後、お医者へ。



気がかりなこと...
モルトの右目のふちにできたイボみたいなもの。
最初にあれ?と思ったのは10日頃だったかな。
お手入れの時に小ちゃなピンクのぽっちに気づいて
「ん〜? なんだこれ」と。

最近の取り込んだ画像を拡大して追跡調査(笑)したところ
どうも4日頃にはあやしい点が写ってるような、でも違うような...
はっきりしないけどこの前お医者へ行く前からなら
一緒に診てもらえば良かったのにねぇ。

この頃はまだいつも見えてる感じじゃなくて
下まぶたをちょっと引っ張って「見せてね」
ってくらいのごく小さなものだったし。
ちょうど抗生物質飲んでるところだからね。

バイキンが入って化膿したのかな? 
それなら薬が効くだろうと様子をみることに。
だけど湿疹がどんどんきれいになっていくのに、イボは...
なんだか大きくなってきてる感じ。

痛みや痒みはないようだし、目やにもいつもと同じくらい。
モルト自身は全然気にしてない様子だけれど
モルチはとってもとっても気になる。
しょっちゅう「ちょっとみ〜せて♪」にモルトは嫌ぁな顔(笑)

薬飲んでる最中なのに嫌だな〜
抗生物質が効かないってことだものね...
はじめは時々しか見えなかったイボが
いつも見えてようになってきたし
ちょうどこの間の薬を飲みきったので診てもらうことに。

19日、お医者へ行く前に撮った写真。



「あ、お腹きれいに治りましたね♪ もういいでしょう」と先生。
今残ってる跡も少しずつきれいになっていくそう。
週1の薬用シャンプーは10日ごとに。
今年は暑いから念のため、10月いっぱいくらいまでは続けて下さいって。
膿皮症のほうはOK!



イボはね「マイボーム腺腫」だそう。
やっぱり。ちょこっと調べてはみたんです、良性なんですよね?
「ごく稀に悪性のこともあるんだけど...」

ただ今の時点で麻酔をかけてイボを取って検査に出すのもねぇ。
大きくなってきてジャマになったら
取ることになると思うんだけど、検査はその時にと。

これ治るものではないんだそう。
しぼんだり消えたりすることはなくて
何もしなければそのままか、だんだん大きくなるか。

マイボーム腺は一つでないので
できやすい子は片目にいくつもとか、両目に出てくることが多い。

手術はマイボーム腺ごと取るから
切ればそこは再発しないけどまた別の場所にはできるかも。
ということは腺が残ってる限り、つぶして中を出したり
糸でぷちっととっても同じ場所にできるということか...

それってもやもやとすごく嫌ぁな感じ。
今回はお薬や目薬も出ませんって。
モルチにできることは? 「う〜ん 見守ることかなぁ」
イボを気にして手でこすったりして
目に傷をつけてしまうと大変なので注意してあげてって。
それだけっ? いやだ、なんか嫌です〜と先生を困らせる(笑)

今すぐどうこうとか、痛みもなくて
命にかかわる病気じゃないのに贅沢だと言われるかもしれないけれど
ほっておいても治りません、完治には手術のみ。
ただしいくつもできる可能性が高いですは、ちょっときつい。

どのくらいの勢いで大きくなるのかよくわからないけど
麻酔なしで手術するわけじゃないし
ぽこぽこできたからと、目の周りを何ヶ所も切って縫うなんて...
少々目の形が変わったって、ちいちゃくなったって
モルトはモルトだけどね。

それに悪いものであることは少ないけど
組織を検査に出してみないことには
良性か悪性かはっきりしないんだものねぇ。う〜む。



とりあえず、なくならないのなら観察日記をつけましょう。
”イボくん”のカテゴリーの記事、あんまり増えないと良いなぁ。
できればイボくん2号、3号...と観察対象が大勢になりませんように!

「マイボーム腺腫、年よりイボとも言うかな」
最初に聞いた時にと、年よりイボ〜?そっちに驚いて
「もっちゃん、年寄りイボだって。年寄り...
どうする〜? うわぁ年よりイボってなんか、がっかりだねぇ」
診察台の上のもっちゃんに話しかけてしまい、笑われちゃったわ。

もっちゃんは最後の最後まで「うひょぉ〜♪」
に違いない!ついそう思ってしまうけれど(笑) そんなわけないよね。
やっぱり自分達よりずっと早いスピードで歳を重ねてるんだなぁ。
モルトももうじき6歳半。いろいろ考えてしまうね。


 ☆メモ☆  診察料  525   
         目薬   525  計¥1050
         (いつもの・プロラノン)  
  • 2007.09.19 Wednesday
  • 02:15

1